高校からゲームクリエイターを目指せる【あらゆる業界と深い繋がり】

記事リスト

学習環境構築と費用

ゲーム

必要な費用

ゲーム人気から、ゲームを制作する仕事に就きたいと思う人も多くなっている。これらのゲームクリエーターになるためには、専門学校に通い技術を身に付けることが最適な方法になっている。個人での独学で学習する方法もあるが、設備を揃えるのに限界があることや、プロの講師に教えてもらう方が効率が高い。また、大学などではゲーム専用の開発環境が整えられていないことが多く、授業も実践的なことを行っているところは少ない。その為、ゲームクリエーターを目指すためには専門学校での勉強が最も一般的になっている。ゲームクリエーター向けの専門学校では、一般的に2年間の学習期間になっている。これらのうちにゲーム開発の基礎知識を身に付けたり、実際に開発を行うなどしスキルを身につけて行くことになる。2年間でかかる学費は200万円から250万円程度が相場となっている。また、ゲームクリエーターを目指すためには専門学校での学習と合わせて、自宅学習も重要になる。自宅学習するためには、パソコンを用意する必要があったり、開発するためのソフトを用意する必要がある。特にパソコンについては、ゲーム開発では高スペックのパソコンを準備する必要があり、その購入費用も掛かる傾向がある。また、開発するためのソフトについても本格的なものの場合には、有償になるため購入が必要となるケースもある。これらのようにゲームクリエーターを目指すためには、学費と自宅学習の環境整備に費用が必要になる。

Copyright© 2018 高校からゲームクリエイターを目指せる【あらゆる業界と深い繋がり】 All Rights Reserved.